IVニーロック~動画~

動画共有サイトにある着エロ・グラビアのイメージビデオやお宝動画を淡々と無料で紹介するブログ。

  • Twitter
  • RSS
    トップページ > >

    タグ:過激着エロ

    キャプチャ4キャプチャ3
    キャプチャ2キャプチャ


    真澄あさかさんです。

    シンガーソングライターという記述が多いのでコチラで。
    確かにタワレコとかでもレコードの取扱いがあるんですよね。
    元々歌手兼AVに転向した方が居たんですが、同じ所属だったからかシンガーと言いつつエゲツない着エロに出てたみたいですね。

    最後の日記は里帰りした日記だったのですが、終始辞めたい的な内容で、その次の日記が事務所からで
    「本日を持って引退です。以後のスケジュールは全てキャンセルさせていただきます」みたいな内容が色々想像を掻き立てますね!

    さて、気を取り直して内容です。
    内容は過激着エロですね。結構エゲツないです。
    脱ぐ脱がないで揉めるお芝居があったりしつつ、すりこぎ棒をマン○に挟み隠したり、電マやエロマッサージ等など。ポイントは全く乗り気で無さそうな所でしょうか。泣き顔多し。演技がうまいですね(白目)
    正直少し気が重くなる着エロでした。
    ※管理人キモ岡

    【『着エロ真澄あさか』シンガーが終始沈んだ顔で過激な事をさせられ続ける着エロ】の続きを読む

    キャプチャ3キャプチャ
    キャプチャ2キャプチャ4

    菜摘四季さんです。

    グラビアというより着エロ系で数本DVD出していたみたいですね。
    最後の引退の挨拶は「皆様もお元気で!!ばばーい★」という軽いモノだったのが面白かったです。
    着エロ系の人の引退の挨拶ってこいうの多い気がします。
    絵文字とか、キメキメ自撮りで最後星マークとか・・・・・

    さて内容ですが、そんなこんなで舐めていたのですが、かなり過激系でした。
    のっけからパイパンを見せつけたかと思うと、中盤はフラフープでメコ隠しですからね。
    その後はスッポンポンで透明椅子に座ってヌメヌメしてみたりと、ヒヤッとする(というか出ちゃってる・・・)シーン連発でした。
    画質がイマイチですが、おすすめですよ。
    それでは、ばばーい★
    ※管理人キモ岡 【『着エロ 菜摘四季』春のパイパン祭りフラフープでメコ隠す知能犯!!】の続きを読む

    キャプチャ3キャプチャ2
    キャプチャキャプチャ4

    モデル名不明です。

    調べても解らなかったですね。
    このモデルさんは何かで観た事ある気もしますが。

    内容は過激着エロですね。
    ヒモの様な水着で股間を食い込ませたり、乳首イジられたり、最後はローター&バイブです。
    ぶっちゃけ・・なのでここまでやられるんだろうなとは思いますが、巨乳なのは救いですね。
    過激好きはオススメ・・・・かな・・・二分割されているので、動画日本です。

    ※管理人キモ岡 【『着エロ不明』過激さだけならAV超えた?陵辱されるショートカット着エロ】の続きを読む

    キャプチャ3キャプチャ
    キャプチャ2キャプチャ4

    紗倉涼子さんです。

    経歴とか調べたのですが、調べ方が悪かったのか出てこなかったですね。
    マネージャーから転身までは解ったのですが。

    貧乳ですが、色白で美人ですね。

    さて内容ですが、過激着エロですね。
    早々にヌードになり、下も例のビーズパンツでハミマンのアップもあります。
    後半はシースルー水着になるわ、電マまで当てます。
    貧乳なので、余計にいやらしいですね。
    絵も綺麗ですし、お勧めです。
    ※管理人キモ岡 【『着エロ紗倉涼子』パイパン美人が魅せるヌード&ハミマン局部アップ】の続きを読む

    キャプチャ2キャプチャ
    キャプチャ3キャプチャ4

    水沢泉さんです。

    です、と言ってもこの方色々お名前があるので、どれが本当の芸名かはわからないです。
    「KANA」とか「あづさ」とか・・・・・

    古き好き着エロというか、この頃こういうモデルさんも、作品も多かったと思います。
    内容ですが、過激着エロならではというかヒモを食い込まさせたり、バイブをぶっ挿したり等やりたい放題のタイプです。
    どうでもいいですが、このUP主さんはいつもゲームのサントラをBGMにしていますね。拘りが凄いです。
    ※管理人キモ岡 【『着エロ水沢泉』さ、差し込んでるッッ!!食い込みからぶっ挿しまで見せる着エロ】の続きを読む

    このページのトップヘ